根津神社(May.2005)

根津神社

前回(記事はこちら)は、ツツジを逃して新緑の根津神社でしたが・・・
今回やっと(というかギリギリ)ツツジを見ることが出来ました!

まず、お約束の鳥居ですね。
上の画像は「表参道口」です。

根津神社

もうひとつ門をくぐると、広場のようになっています。
ツツジのピーク&いいお天気だったので、人がたくさんですね。

奥に見えているのが「楼門」(国指定重要文化財)。

根津神社

近くに寄ってみました。
右側は水戸光圀公がモデルと伝えられてるそうです。

根津神社

違う角度から。
カラフルで、きれいですね。

根津神社

ちなみに・・・
「楼門」を後ろから見ると、こんな感じ。

で、この「楼門」を通ると・・・

根津神社

「唐門」(国指定重要文化財)が見えて来ます。

神社にはいくつも門がありますが、こちらでは、この「唐門」が正門にあたるそうです。
この奥に社殿があるので、それに対する「正門」ということなんでしょうか。

根津神社

「唐門」の近写です。

そして、更に進むと・・・

根津神社

「拝殿(社殿)」(国指定重要文化財)です。
この日は人が多いので遠くから。

「社殿」や「唐門」、
「社殿」を囲む「透塀」(国指定重要文化財)の写真と詳細は、前回の記事をご覧下さい。
根津神社の歴史なんかにも触れてます。

さて、今回のメイン、ツツジです!

根津神社

って・・・ビミョー。(笑)
実は、設定を間違えたのかブレッブレのばかりでした。
賑わってる様子を紹介したかったんですが・・・すみません。

ちなみに・・・
ここから先、ツツジ苑に入るには入場料200円が必要です。
まぁ、約50種3000株ものツツジを管理するのは大変なんでしょうね。
また、ツツジ苑に入れる期間も決まっているので、ご注意下さい。

では、なんとか撮れた写真を紹介しますね。

根津神社

よく見るツツジの色ですね。
「クルメツツジ(キリシマ)」というらしいです。
うーん、圧巻ですね。

九州の久留米から広まったので「クルメ(久留米)ツツジ」というらしいです。
また、赤い色の濃いものを「キリシマ(霧島)」、
白やピンクのものを「クルメツツジ」と呼び分けたりするそうですが、
まとめて「クルメツツジ」と呼ぶ場合もあるようです。

根津神社

こちらは「カラフネ(黒つつじ)」。

根津神社

濃い赤ですね。

根津神社

あまり見ない色合いですね。
品種は分かりませんでした。ごめんなさい。

赤と言っても、ピンクだったり、黒っぽかったり、朱だったり、グラデーションだったり、いろいろありますね。
それも魅力のひとつでしょうね。

根津神社

白地にピンクの絞りが入ったのを「クルメツツジ常夏」というらしいです。
かわいいですね。
でも、ちょっと枯れ気味・・・。

根津神社

「ミシマツツジ」かな?
ピンクとも紫とも言えない色合いがいいですね。

根津神社

「キレンゲツツジ」。
黄色いのもかわいいですね。

根津神社

ちょっと虫にやられちゃってますが・・・。

ちなみに・・・
名前の似た「レンゲツツジ」というオレンジに近い色のツツジは有毒なんだそうで、
『牛や山羊は体重の1%の摂取で中毒または死亡』とあるんですが、
「キレンゲツツジ」のほうは大丈夫なんでしょうか・・・。
種別が違うのかな?
ちょっと気になる・・・。

根津神社

「ミツバツツジ」でしょうか。

根津神社

ちょっと終わりかけですが・・・
「ヒラドツツジ」ですね。

根津神社

百合を思わせる模様ですね。
なにげに・・・ヒョウ柄?

ちなみに、この斑点は「蜜標」と言って、ハチなどに「ここに蜜があるよ~。」と教えてるんだそうです。

根津神社

別の木は少しピンクが強く出てました。

根津神社

上のツツジと似てるようですが、ちょっと花弁が違うような。

根津神社

枯れてない枝を探すのも一苦労だったり・・・。

根津神社

こんな感じで遊歩道が続いています。
傾斜を利用してるのはいいんですが・・・なめて掛かると結構しんどい階段です。(笑)

一面満開!とまではいかなかったですが、
良いお天気で、いろいろな種類のツツジを堪能出来ました。
全体の写真を失敗してるのが、本当に残念・・・。

■参考
根津神社 文京つつじまつり
文京区 文京つつじまつり

■リニューアル後記(2017.8.3)
なんとか修正してアップしようと試みたのですが・・・
ピントが合ってない「もやっと感」が取れず・・・断念。
お天気もがんがんに晴れたり、曇ったりで、画像にバラつきがあって、すみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


three × 3 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください