旧古河庭園(May.2005)

旧古河庭園

またまた旧古河庭園。
すっかり自分の庭みたいになってます。

この日はイベント期間中で、広場に屋台なんかも出てました。
いいお天気だったので、アイスが売れてる様子。
あと、日陰に避難してるベテランおねーさま達も多数。
庭園だから仕方ないけど、ベンチが少ないんですよね~。

まずは洋館の周辺を散策。

旧古河庭園

洋館前の花壇も、見頃のバラがいっぱいみたいです。
さっそく行ってみましょう。

旧古河庭園

きれいに整備されています。
もう少し上から撮りたいのですが、150cmの私にはこれが限界。
この頃、ドローンとか自撮り棒とかあったらなぁ。

旧古河庭園

それぞれの花の前には、札が立っていて、品種が分かるようになっています。

旧古河庭園

違う角度から。
横から見ると、実に様々なバラが咲いているのが分かりますね。

旧古河庭園

カップ咲きの白。「ブルゴーニュ」に似てるかな。

旧古河庭園

こちらは、ちょっと淡いピンクの縁取り。
「フロージン ’82」かな?
(「Gメン ’75」みたいな名前ですね。あ、知ってます?)

旧古河庭園

こっちは赤い縁取りですね。
「ダブルデライト」。

旧古河庭園

ちょっと色が飛んじゃってますが・・・
こちらは、朱色というんでしょうか、少しオレンジ掛かった赤ですね。
その名も「朱王」。

旧古河庭園

クラシックな深紅のバラ。
「パパ・メイアン」。

旧古河庭園

ブルー系のピンク。「紫雲」です。

旧古河庭園

今度はテラス側の花壇へ。

旧古河庭園

「インカ」。
眩しいくらい鮮やかな黄色ですね。

旧古河庭園

このブログでも何度も登場しています。
「プリンセス・ミチコ」。

旧古河庭園

花壇を横から撮ってみました。

旧古河庭園

白いバラもいいですね。
「プリンセス・オブ・ウェールズ」。

旧古河庭園

ちょっと牡丹っぽい八重ですね。
たまたまかな。
花びらの落ち方で、ちょっと雰囲気が違うことがありますよね。

さて、次はバラ園を見ましょう。

旧古河庭園

テラス前の階段からバラ園を見下ろすと、こんな感じ。
たくさんの人が来てますね~。

旧古河庭園

各花壇の中央には、タワー型でこんな素敵な飾り方も。

旧古河庭園

同じ花でも、花弁の数、角度などで雰囲気が変わります。
これはちょっと小振り。

旧古河庭園

上から。

旧古河庭園

大輪で八重がきれいに出てます。

旧古河庭園

誰もがイメージする「赤いバラ」ですね。
「熱情」。

旧古河庭園

ちょっと枯れ気味ですが、好きな色だったので・・・。
これは「ブルーリバー」だったかな?

旧古河庭園

同じく、ブルー系ピンク。
こちらは「ブルーライト」。

花弁の形や、きれいに育ってるせいでしょうか。
いつも人が集まる人気の品種です。

旧古河庭園

こんな不思議なバラもありました!
「マスケラード」。
黄色→オレンジ→赤と色が変化する品種だそうです。
いろんな状態を一度に見れたんですね。w
これは自宅で花がついたら楽しいだろうな~。

旧古河庭園

爽やかなレモンイエローのバラです。
「ゴールデンメダイヨン」。

旧古河庭園

こちらはクリームイエロー。
赤ほどじゃないけど、黄色もいろいろ雰囲気の違う品種がありますね。

旧古河庭園

これも、ちょっと不思議な色合い。
「ピース」です。
淡いピンクの縁取りがドレスみたいで、かわいいですね。

旧古河庭園

繊細で淡いグラデーション。
これは「ジッフェ」。

旧古河庭園

ちょっと小振りですが、凛とした真っ白のバラ。
あ~、自分の影が重なってます。すみません・・・。

旧古河庭園

こんな花も咲いてました。
札から察するに「ノイバラ」かな。

旧古河庭園

最後に、階段下のバラ園から洋館を見上げたところ。
陽が傾いて来ました。

お天気が良くて混んでる割に、バラを堪能出来ました。

あ、恒例のおまけ画像。

旧古河庭園

旧古河庭園は、バラの時期など、イベント時は開園時間を延長して、ライトアップもしてくれます。
ライトアップの記事はこちら。
暗くなると見えないんですが、こんな風に電球をカバーしてるんですね。
これはバラ園横の階段だったかな?
自然に合ってて良いなってことで一枚。

■参考
庭園へ行こう。旧古河庭園
公園へ行こう!旧古河庭園
旧古河邸

■リニューアル後記(2017.8.3)
お天気が良くて、ピントもだいたい合ってたので良かったんですが・・・
赤が飛びまくってますね。
違和感のない範囲で修正しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


5 × five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください