旧古河庭園(May.2005)

旧古河庭園

またまた旧古河庭園。
すっかり自分の庭みたいになってます。

この日はイベント期間中で、広場に屋台なんかも出てました。
いいお天気だったので、アイスが売れてる様子。
あと、日陰に避難してるベテランおねーさま達も多数。
庭園だから仕方ないけど、ベンチが少ないんですよね~。

まずは洋館の周辺を散策。

旧古河庭園

洋館前の花壇も、見頃のバラがいっぱいみたいです。
さっそく行ってみましょう。

旧古河庭園

きれいに整備されています。
もう少し上から撮りたいのですが、150cmの私にはこれが限界。
この頃、ドローンとか自撮り棒とかあったらなぁ。

旧古河庭園

それぞれの花の前には、札が立っていて、品種が分かるようになっています。

旧古河庭園

違う角度から。
横から見ると、実に様々なバラが咲いているのが分かりますね。

旧古河庭園

カップ咲きの白。「ブルゴーニュ」に似てるかな。

旧古河庭園

こちらは、ちょっと淡いピンクの縁取り。
「フロージン ’82」かな?
(「Gメン ’75」みたいな名前ですね。あ、知ってます?)

旧古河庭園

こっちは赤い縁取りですね。
「ダブルデライト」。

旧古河庭園

ちょっと色が飛んじゃってますが・・・
こちらは、朱色というんでしょうか、少しオレンジ掛かった赤ですね。
その名も「朱王」。

旧古河庭園

クラシックな深紅のバラ。
「パパ・メイアン」。

旧古河庭園

ブルー系のピンク。「紫雲」です。

旧古河庭園

今度はテラス側の花壇へ。

旧古河庭園

「インカ」。
眩しいくらい鮮やかな黄色ですね。

旧古河庭園

このブログでも何度も登場しています。
「プリンセス・ミチコ」。

旧古河庭園

花壇を横から撮ってみました。

旧古河庭園

白いバラもいいですね。
「プリンセス・オブ・ウェールズ」。

旧古河庭園

ちょっと牡丹っぽい八重ですね。
たまたまかな。
花びらの落ち方で、ちょっと雰囲気が違うことがありますよね。

さて、次はバラ園を見ましょう。

旧古河庭園

テラス前の階段からバラ園を見下ろすと、こんな感じ。
たくさんの人が来てますね~。

旧古河庭園

各花壇の中央には、タワー型でこんな素敵な飾り方も。

旧古河庭園

同じ花でも、花弁の数、角度などで雰囲気が変わります。
これはちょっと小振り。

旧古河庭園

上から。

旧古河庭園

大輪で八重がきれいに出てます。

旧古河庭園

誰もがイメージする「赤いバラ」ですね。
「熱情」。

旧古河庭園

ちょっと枯れ気味ですが、好きな色だったので・・・。
これは「ブルーリバー」だったかな?

旧古河庭園

同じく、ブルー系ピンク。
こちらは「ブルーライト」。

花弁の形や、きれいに育ってるせいでしょうか。
いつも人が集まる人気の品種です。

旧古河庭園

こんな不思議なバラもありました!
「マスケラード」。
黄色→オレンジ→赤と色が変化する品種だそうです。
いろんな状態を一度に見れたんですね。w
これは自宅で花がついたら楽しいだろうな~。

旧古河庭園

爽やかなレモンイエローのバラです。
「ゴールデンメダイヨン」。

旧古河庭園

こちらはクリームイエロー。
赤ほどじゃないけど、黄色もいろいろ雰囲気の違う品種がありますね。

旧古河庭園

これも、ちょっと不思議な色合い。
「ピース」です。
淡いピンクの縁取りがドレスみたいで、かわいいですね。

旧古河庭園

繊細で淡いグラデーション。
これは「ジッフェ」。

旧古河庭園

ちょっと小振りですが、凛とした真っ白のバラ。
あ~、自分の影が重なってます。すみません・・・。

旧古河庭園

こんな花も咲いてました。
札から察するに「ノイバラ」かな。

旧古河庭園

最後に、階段下のバラ園から洋館を見上げたところ。
陽が傾いて来ました。

お天気が良くて混んでる割に、バラを堪能出来ました。

あ、恒例のおまけ画像。

旧古河庭園

旧古河庭園は、バラの時期など、イベント時は開園時間を延長して、ライトアップもしてくれます。
ライトアップの記事はこちら。
暗くなると見えないんですが、こんな風に電球をカバーしてるんですね。
これはバラ園横の階段だったかな?
自然に合ってて良いなってことで一枚。

■参考
庭園へ行こう。旧古河庭園
公園へ行こう!旧古河庭園
旧古河邸

■リニューアル後記(2017.8.3)
お天気が良くて、ピントもだいたい合ってたので良かったんですが・・・
赤が飛びまくってますね。
違和感のない範囲で修正しました。

根津神社(May.2005)

根津神社

前回(記事はこちら)は、ツツジを逃して新緑の根津神社でしたが・・・
今回やっと(というかギリギリ)ツツジを見ることが出来ました!

まず、お約束の鳥居ですね。
上の画像は「表参道口」です。

根津神社

もうひとつ門をくぐると、広場のようになっています。
ツツジのピーク&いいお天気だったので、人がたくさんですね。

奥に見えているのが「楼門」(国指定重要文化財)。

根津神社

近くに寄ってみました。
右側は水戸光圀公がモデルと伝えられてるそうです。

根津神社

違う角度から。
カラフルで、きれいですね。

根津神社

ちなみに・・・
「楼門」を後ろから見ると、こんな感じ。

で、この「楼門」を通ると・・・

根津神社

「唐門」(国指定重要文化財)が見えて来ます。

神社にはいくつも門がありますが、こちらでは、この「唐門」が正門にあたるそうです。
この奥に社殿があるので、それに対する「正門」ということなんでしょうか。

根津神社

「唐門」の近写です。

そして、更に進むと・・・

根津神社

「拝殿(社殿)」(国指定重要文化財)です。
この日は人が多いので遠くから。

「社殿」や「唐門」、
「社殿」を囲む「透塀」(国指定重要文化財)の写真と詳細は、前回の記事をご覧下さい。
根津神社の歴史なんかにも触れてます。

さて、今回のメイン、ツツジです!

根津神社

って・・・ビミョー。(笑)
実は、設定を間違えたのかブレッブレのばかりでした。
賑わってる様子を紹介したかったんですが・・・すみません。

ちなみに・・・
ここから先、ツツジ苑に入るには入場料200円が必要です。
まぁ、約50種3000株ものツツジを管理するのは大変なんでしょうね。
また、ツツジ苑に入れる期間も決まっているので、ご注意下さい。

では、なんとか撮れた写真を紹介しますね。

根津神社

よく見るツツジの色ですね。
「クルメツツジ(キリシマ)」というらしいです。
うーん、圧巻ですね。

九州の久留米から広まったので「クルメ(久留米)ツツジ」というらしいです。
また、赤い色の濃いものを「キリシマ(霧島)」、
白やピンクのものを「クルメツツジ」と呼び分けたりするそうですが、
まとめて「クルメツツジ」と呼ぶ場合もあるようです。

根津神社

こちらは「カラフネ(黒つつじ)」。

根津神社

濃い赤ですね。

根津神社

あまり見ない色合いですね。
品種は分かりませんでした。ごめんなさい。

赤と言っても、ピンクだったり、黒っぽかったり、朱だったり、グラデーションだったり、いろいろありますね。
それも魅力のひとつでしょうね。

根津神社

白地にピンクの絞りが入ったのを「クルメツツジ常夏」というらしいです。
かわいいですね。
でも、ちょっと枯れ気味・・・。

根津神社

「ミシマツツジ」かな?
ピンクとも紫とも言えない色合いがいいですね。

根津神社

「キレンゲツツジ」。
黄色いのもかわいいですね。

根津神社

ちょっと虫にやられちゃってますが・・・。

ちなみに・・・
名前の似た「レンゲツツジ」というオレンジに近い色のツツジは有毒なんだそうで、
『牛や山羊は体重の1%の摂取で中毒または死亡』とあるんですが、
「キレンゲツツジ」のほうは大丈夫なんでしょうか・・・。
種別が違うのかな?
ちょっと気になる・・・。

根津神社

「ミツバツツジ」でしょうか。

根津神社

ちょっと終わりかけですが・・・
「ヒラドツツジ」ですね。

根津神社

百合を思わせる模様ですね。
なにげに・・・ヒョウ柄?

ちなみに、この斑点は「蜜標」と言って、ハチなどに「ここに蜜があるよ~。」と教えてるんだそうです。

根津神社

別の木は少しピンクが強く出てました。

根津神社

上のツツジと似てるようですが、ちょっと花弁が違うような。

根津神社

枯れてない枝を探すのも一苦労だったり・・・。

根津神社

こんな感じで遊歩道が続いています。
傾斜を利用してるのはいいんですが・・・なめて掛かると結構しんどい階段です。(笑)

一面満開!とまではいかなかったですが、
良いお天気で、いろいろな種類のツツジを堪能出来ました。
全体の写真を失敗してるのが、本当に残念・・・。

■参考
根津神社 文京つつじまつり
文京区 文京つつじまつり

■リニューアル後記(2017.8.3)
なんとか修正してアップしようと試みたのですが・・・
ピントが合ってない「もやっと感」が取れず・・・断念。
お天気もがんがんに晴れたり、曇ったりで、画像にバラつきがあって、すみません。

神田川(Apr.2005)

神田川

小石川後楽園散策(記事はこちら)の後、そのまま足を伸ばして、神田川の桜を見に行きました。

右の桜は江戸川公園の遊歩道。江戸川橋駅のすぐ近くです。
毎年この季節になると桜祭りで賑わっています。

神田川

左に見えるのは首都高池袋線(出口方面)。
池袋線は水道橋から江戸川橋まで神田川の上を走っています。

さて、江戸川公園を歩いてみましょう。

神田川

桜の絨毯です。

神田川

幹に咲く桜は、なんだか生命の強さを感じます。

神田川

牡丹・・・かな?

神田川

桜吹雪が夕陽に当たって、ものすごくきれいでした。
ちょっとせつない感じ。
動画で撮ればよかったなぁ・・・。

神田川

一休橋の上から振り返ってみました。
左端の桜が今歩いて来た桜並木です。

神田川

同じ場所から反対側(川上)を見ると、こんな感じ。
ずっと遠く、対岸まで桜並木が続いています。
神田川は橋からの景色が最高ですね。

神田川

椿山荘ホテルフォーシーズンと桜。
ホテル内も桜のイベントがいろいろあります。
敷地内から神田川の桜も見えたりして。

神田川

駒塚橋付近まで歩いたでしょうか。
まだまだ桜が続いています。

神田川

桜が神田川を襲ってるみたいですね。(笑)

神田川

そのうち、対岸の桜と枝が重なるんじゃないでしょうか。(笑)
この下(神田川の中)を歩いてみたいですね。

神田川

日が暮れちゃいました。
さすがに疲れたので、今日はここらへんで引き返すことに。
いや~、よく歩きました。

■参考
文京区 江戸川公園ページ

■リニューアル後期(2017.8.2)
後楽園~神田橋だったので、着いた頃には夕方近く。
彩度を上げて調整しています。
桜が見事で、助かったような、もったいなかったような。
実物はもっときれいでした。

小石川後楽園(Apr.2005)

小石川後楽園

前年、梅も桜も逃してしまったので、リベンジで行って参りました。(前の記事はこちら。

入って、まず目に付くのが、桜と東京ドーム。
上の画像、右側のビルは東京ドームホテルです。

ただし・・・
一番有名な枝垂れ桜(左端)は既に散ってしまったようでした・・・。
残念。

小石川後楽園

散策コースを左手に回ると、大きな枝垂れ桜が鎮座しています。
これも、そろそろ終わりなんでしょうか。

小石川後楽園

内側から見た桜のカーテン。

小石川後楽園

その桜を見ながら、渡月橋(右端)を渡って、更に左手に進みます。
少し高台になっていて、庭園を見渡すことが出来ます。

小石川後楽園

更に上がって来ました。
先程の橋が低く見えるのが分かりますでしょうか。

小石川後楽園

通天橋です。
きれいな橋ですね。

小石川後楽園

橋を渡りながら撮ってみました。

小石川後楽園

得仁堂です。

小石川後楽園

前回の記事でも説明しましたが・・・
小石川後楽園は、徳川光圀の代に完成した庭園。
このお堂は、光圀が18歳の時、史記「伯夷列伝」を読み感銘を受け、伯夷、叔斉の木像を安置した堂なのだそうです。
得仁堂の名前は、孔子が伯夷・叔斉を評して「求仁得仁」と語ったことによります。

後楽園という名前も中国の教え

「(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」

という言葉から来ているとのことでした。
光圀は中国の思想に傾倒してたんでしょうか。
それとも、その頃の流行りだったのかな?

小石川後楽園

さて・・・
曲がりくねった石畳を降りて、広場に向かいましょう。
木陰はひんやりとして気持ちがいいです。

小石川後楽園

広場に下りて来ました。
名所の桜を遠くから眺めているオネーサマ達を後ろから眺めてみました。
桜もきれいですが、緑も眩しいです。

小石川後楽園

で、その桜なんですが・・・
ベンチはあるけど、次から次へと撮影に来るので、落ち着かない感じです。

小石川後楽園

ベンチの正面にある桜です。
こちらも人気の撮影スポットなんですが・・・
あの・・・カメラは予め準備してから、そこに立ちましょうね。

小石川後楽園

頭上を見上げると、満開の桜。
お天気もいいし、
うーん・・・きれいですね。

小石川後楽園

桜越しに大泉水の水面。(大泉水については前記事参照。)
プランクトンがたくさんいそうな水の色ですね~。

小石川後楽園

白糸の滝です。
かなりミニチュアな感じ?(笑)
先程の大泉水に流れています。

小石川後楽園

こういう渡り石(飛び石?)も好きだったりします。
桜が溜まってますね。

小石川後楽園

前回の記事でも登場しました「九八屋」。
江戸時代の酒亭なんだそうです。

小石川後楽園

違う角度から。

小石川後楽園

こんな花も咲いていました。
ハナモモです。
かわいらしいですね。

小石川後楽園

ちょっと、きれいに撮れなかったんですが・・・
ハナカイドウ(花海棠)です。
さくらんぼみたいなつぼみがかわいいですね。

小石川後楽園

さて、大泉水の一番奥まで来ました。
最初に見た桜が対岸に見えています。
遠くからでも大きさが分かりますね。

小石川後楽園

大泉水をぐるっと回って、先程の桜に近づいて来ました。

小石川後楽園

枝垂れ桜を横から撮ってみました。
枝が立派過ぎて、何がどうなってるのかよく分かりません。(笑)

小石川後楽園

少し回りこんで、違う角度から。

小石川後楽園

先程の広場の桜を遠くから見ています。
やはり撮影スポットには人が集まってますね。

左側にある橋を渡ると・・・

小石川後楽園

こういう景色が見えます。

小石川後楽園

たわわに花を付けた桜と、若葉、そして右奥には文京シビックセンター。
文京シビックセンターは、区役所や展望台、ホールが入っている建物。
私もいつもお世話になってます。

小石川後楽園

今回は桜を満喫しました。
満足です。

■参考
公園へ行こう!小石川後楽園
庭園へ行こう!小石川後楽園

■リニューアル後記(2017.8.1)
枝垂れ桜は残念でしたが、お天気も良く、満開の桜が撮れて良かったです。
問題は撮影の下手さ。(笑)
画質よりも構図の編集のほうが多かったかも。

西新井大師(Mar.2005)

西新井大師

この年、本厄ということで、両親と一緒に厄除けに行って来ました。
上の画像は大本堂。

西新井大師

あいにくのお天気で、到着と同時に小雨がパラパラ・・・。
お休みの日ですが、人もまばらです。

西新井大師

まずは、手水で手を清めます。
お坊さんでしょうか。かわいいですね。

西新井大師

「水洗い地蔵」です。

ここで「西新井大師」雑学。

昔、悪疫により苦しんでいる村人を救おうと、弘法大師様が観音様を作って21日間祈祷されました。
すると、枯れ井戸から清らかな水が沸き、疫病の流行が収まった・・・と伝えられているそうです。
その井戸がお堂の西にあったところから「西新井」の地名になりました。

ちなみに、西新井大師では、「弘法大師像」などの重要文化財や重要美術品が保管されているそうですが、
残念ながら、一般に公開はされてないそうです。
ホームページで公開している画像を見ると、
美術に詳しくない私達でも「あ、この絵、どっかで見たことある!」というような素晴らしい作品もありました。
ちょっと見てみたかったです。残念。

さて、話を戻して・・・

西新井大師

お参りしましょう。

西新井大師

本堂がやけにきれいですね。
最近、修繕したのかな?

お護摩焚きをやって頂けるということで、申し込みをしました。
お護摩とは、護摩木を焚き、願いごとが叶うようご祈祷してもらう儀式です。
こちらでは普通のお護摩の他に、水子供養、車祈願というご祈祷もお願い出来るそうです。

さて、ご祈祷まで少し時間があるので、境内の散策してみました。

西新井大師

お天気が悪くて画像はイマイチですが、見事な梅でした。
ただ、そのすぐそばに灰皿ってのが・・・。多分、そこで吸うから置かれるんでしょうね。

西新井大師

梅は見事なんですが、お天気がなぁ・・・。(しつこい。)

西新井大師

寄ってみました。

西新井大師

境内では、梅や桜、牡丹、藤などが見られるそうです。

西新井大師

さて、そうこうしているうちに1時間が経ち、お護摩の時間になりました。
本堂に向かいましょう。

西新井大師

始まる前に、大本殿の中の様子をちょっと写させて頂きました。

本殿の中に畳の広間があり、そこで他の人と一緒にご祈祷して頂きます。
中央の部分にある御簾が上がって、お坊さんが姿を現し、その奥にいらっしゃるご本尊の観音様にご祈祷して頂く形になります。

ちなみに、お護摩の祈祷料は、内容とお札の大きさによります。
時間は20分くらいだったでしょうか。
祈祷後、お札を受け取って帰ります。

真言宗の儀式は、シャンシャンと金属っぽい音が多いですね。
銅鑼の音とか、他の宗派に比べて賑やかな印象があります。
そういえば、祖母の葬儀もそうだったなぁ~と思い出しました。

ご祈祷が終わったら、今にも雨が降り出しそうだったので帰ることに。

西新井大師

この門は「山門」。

西新井大師

参道のお店は結構賑わってました。

西新井大師

「山門」を振り返ると、こんな感じ。
奥に本殿が見えますね。

歴史のあるお寺なのに、きれいで近代的な建物でした。
梅以外の時期に来てみたいです。
絶対、お天気の日に!

■参考
西新井大師ホームページ

■リニューアル後記(2017.7.31)
とにかく本気の曇天。私の画像処理能力ではお天気の悪さに勝てませんでした。
精進します・・・。